環境について・遊具紹介

環境について

子どもの主体性を尊重しつつ環境を通した保育の実践

 

〇子どもを取り巻く環境の安全性について

本当の安全を考えないていかないと、子どもから様々なことをどんどん奪ってしまいます。国が定める保育園の指針に「環境を通した保育」がうたわれています。子どもが自分で考え、判断して環境にかかわるということです。『安全』には絶対がないため保障はできません。しかし、大人がイメージする『安全』の中では子どもは育ちません。ではどうすればいいでしょうか…その答えが以下に挙げる4つのことです。

子どもの危険察知能力を高める
子どもの環境との対話を邪魔しない(子どもにあそび方を教えすぎない)
個々の子どもの成長を把握する
大人が安心できる環境にする

〇死角が多いこと、スペースについて

子どもは狭いスペースや囲われている場所が大好きです。その中で、子どもたちが集中してあそび込めるように玩具を設定しています。周囲を気にせず、やりたいことができることをねらいとしています。やりたいことがあり、遊びに集中すると子ども同士のトラブルは減っていきます。実際に、トラブルは死角より目の前で起きることが多いです。またスペースの広さや狭さは、そこで展開されるあそびが個人、少人数、5~6人のグループなのかにより設定を変えています。しかし、目の行き届かないところもあるので、職員の配置や担当、役割を工夫しています。個々の子どもの成長を把握し、トラブルになりやすい状況になりそうな時は、そばにいるようにしたり声をかけたりするように心がけています。

〇パーテーションについて

人間が育っていくときに、アンバランスな場所では頭を使いながら体を動かすことが本能的にあります。例えば、山道などの凸凹している道では、注意して歩くので転びにくいということがあると思います。室内のパーテーションには『仕切り』としての役割と『障害物』としての役割があります。注意して過ごすために、あえて置いていることもあります。通路が細いのもその理由の一つです。子どもは基本的に走っているか、止まっている動作がほとんどです。室内にいるだけで、注意しながら生活しているので、それが自然と危険察知能力を高めることにつながっています。

〇園庭のステージなどの高さのある構造物について

『子どもは自分の力以上のことはやらない』という考え方があります。ステージなど高さのあるものは簡単には行けず、登るために身体能力を必要とします。何度も何度もチャレンジしながら、頭と体をつかう中で、自分の心と体と向き合います。そして『やめること』も学びます。無理をせず自分を危険から守るのです。
園庭には段階的にチャレンジの要素がある遊具があり、自ら目標を立てて取り組みます。登ることが出来るようになってくると、体の使い方だけではなく、心の成長、そして危険を察知し回避しようとする力も育ちます。この様子を見守る私たちはなるべく声をかけません。手伝いや応援もしません。それは、集中している子どもの邪魔になるからです。手伝いや応援は、子どもの持っている以上の力を無理に引き出してしまい、落下や降りられなくなるといったリスクがあるからです。心と体の成長がアンバランスな子が登れた時は、そばにいて見守るようにしています。

〇ケガについて

・子どものチャレンジを残しながら、重大な事故を防ぐために環境の点検や見直しを日々行います。
・ワークショップ等で保護者の皆様と一緒に遊具を作り、子ども・遊び・ケガに対する理解を深められるように努めています。

遊具紹介

環境整備をしていくにあたっては、子ども環境アドバイザーの井上寿先生を毎月お迎えして研修を行っています。
環境整備に取り組んでいる保育園の様々な映像を見ながら話し合うことで、水元保育園でやりたいこと・出来ることを具体化して遊具を自分たちで作っています。以下にその一部を紹介したいと思います。

タワー

園庭にタワーを作りました。下の土台は1.5m。子どもたちの身長よりもはるかに高く、完成当初は見向きもしない子がほとんどでした。
初めて登れる子が出た時、次々と周りの子どもたちも登っている様子をじっと観察して挑戦し始めました。最初は登れずに泣いている子もちらほら・・・しかし数週間後~数か月後には登れる子がたくさん増えました。
上の土台(1m)も付け加え、2種類の難易度が楽しめるタワーです。更には下の写真のようにタワーの一面を壁にしてボルダリング風に改良しました。タワーを登るのと比べて、手足と身体の使い方が一段と難しくなり、幼児クラスの子ども達を中心に挑戦中です。

0歳ロフト

室内で出来る運動あそびを充実させ、しっかりとした体幹が備わるように斜面のあるものを製作出来たら…という思いから、スロープ付きのロフトを製作しました。
大人が立って登ろうとしても少し厳しい30度という傾斜でしたが、子どもたちは「どうやったら登れるか」を一生懸命に考えて、登っては滑り、を繰り返して学んでいます。今では歩ける子は横の柵を掴まって歩き、ハイハイの子は足に力を入れて踏ん張って登っており、降りる際は自分から考え、頭ではなくお尻から上手に滑っていきます。
まだハイハイし始めたばかりの子・ずり這いの子は登るのは難しいですが、ロフトの下から登っている子の動きをじっと見て学んでいる姿が見られます。

汲み上げ式ガチャポンプ

自分が水を使いたいタイミングで使用することが出来る、使う分だけの水の量を出す感覚を身につける、実際に自分の力で水を出す経験の中で、「水道をひねれば延々と出るものではなく、限りがあるもの」ということを体感する、この3点を主とした想いで、汲み上げ式のガチャポンプを製作しました。
登るには少し高さがあるので、出来たばかりでまだ登れる子も少ない頃は、1人が登れると「すごい!どうやって登ったの?」とまだ登れない子が質問して、「こうやって登ったよ」と子ども同士で教え合い、一緒に協力して遊びを発展させている姿がたくさん見られました。