保育理念

子どもの心に寄り添う保育

子どもの最善の利益と子どもの福祉の増進を図ります。

保育方針

水元保育園では以下3つの子どもの姿を目指し、保育をおこなっていきます。

  1. 自己肯定感が育まれた子ども (自分も周囲の人も大切にできる子ども)
  2. 自分で考え、行動する力を持つ子ども (主体性を持った子ども)
  3. 好きなことを見つけてとことん取り組むことができる子ども (集中力がある子ども)

  4. なぜ目指すのか?

    現在保育園に通っている子どもたちは、15年後20年後に社会へと飛び立っていきます。
    社会の変化が著しい現代社会において、未来の世界を予想することはとても難しいと思います。
    では、未来を生きていく子どもたちにとってどんな力が必要になるのでしょうか?
    その答えが上記の「目指す子ども像」に記載した3つの姿に繋がっていきます。

    これからの時代、決められたことや与えられたことをこなす人間は求められません。
    技術の進歩やAIの発達により、人間が担ってきた仕事をロボットやAIに任せるようになっていくにつれて、人間に求められる仕事が変わってくるからです。
    では、どんな人物が求められるか?
    それは【自分で判断し、行動できる人間】です。

    例えば、「大人に言われて挨拶する子ども」について考えてみます。
    子どもが挨拶をしていないと、なんとかして挨拶をさせようとする場面に出くわすことってありますよね。仮に大人が物理的に子どもの頭を下げて挨拶させたとします。この行為は果たして子どもにとってプラスに働くでしょうか?
    「挨拶をする」ことに関しては身につくかもしれません。しかし、自分の気持ちを伴った挨拶には繋がらないでしょう。
    水元保育園では、「言われたから挨拶をする子ども」ではなく、「自分で考え、自分の言葉で挨拶できる子ども」に成長していくような関わり方をしていきたいと考えます。