年齢別保育目標

0歳児

保健的で安全な環境の中で個人差に留意しながら離乳の完成、歩行の開始、ことばの発声を助ける

  1. 基本的な習慣の芽生えを養い次第に離乳の完成を図る。
  2.  保育者への依存の欲求を満たし、安定した人間関係の基礎を養う。
  3.  喃語を受け入れて、ことばの発生を助ける。
  4. 身の回りの音や色、動くものを聞いたり見たりして、その楽しさを経験していく。

1歳児

情緒の安定をはかり、社会生活に適応するための芽生えを助長する。おもちゃや生活用具を自由に触れ、外界に対する好奇心や興味を育てる

  1. 遊びの中で子ども相互の触れ合いを経験させる。
  2. 生活や遊びの中で、ことばのやりとりを楽しむ。

2歳児

運動機能を伸ばし、自分でしようとする気持ちを大切にしながら、模倣、言語活動を促し、友だちとの関係を広げて表現活動の芽生えを育てる。

  1. 自分でしようとする気持ちを養いながら、保育士の手助けを通して基本的な習慣が身に付くようにする
  2. 保育士が仲立ちとなって、友だちとのつながりや言葉のやりとりや身の回りのものに親しんだり、触れたり関心を育てる。

3歳児

個々の子ども要求を、大切にしながら、基本的な習慣の自立をはかり、集団生活への適応の初歩を経験させ、遊びを通して生活経験を広げ、創造の芽生えを育てる。

  1. 個々の子どもの要求を大切にする。
  2. 基本的習慣の自立をはかる。
  3. 集団生活への適応の初歩を経験する。
  4. 遊びを通して生活経験の拡大と創造の芽生えを育てる。

4歳児

いろいろな自発活動の場を十分に与え、完成の喜びを持たせ、自立の心を育てていく。

  1. 自分で出来る事に喜びを持たせながら、健康生活に必要な習慣の自立をはかる。
  2. 友だちとのつながりを広げ、親しみを増し、集団としてのまとまりが出来るようにする。
  3. 自己主張をはっきりとさせ、自主的な行動をとる。

5歳児

友だちとのつながりを深めながら、色々な活動を通して自立と自信を養い、生活経験の範囲を広げていく。

  1. 安全に必要なきまりがわかり、危険を避けることが出来る。
  2. 自己主張が出来、他人の立場を考えながら、行動が出来るようにする。
  3. 進んで集団生活に参加し自主協調の態度を持つようにする。
<保護者支援目標>

子どもの保護者の教育意向を受け止め上で親子間の安定した関係作りに配慮し、保育園の特性と保育士の専門性を活かして、それを援助していく。保護者の声をしっかりと聞き、その意向を理解した上での対応をしていく。常に子どもにとってのっ最善の環境を目指して取り組んでいく。